No.013
[Time passed Me by : reload]


Scene04
3ヶ月前


父の遺影を持った助六。

助六
父ちゃん。ことぶき寿司、閉めちまって悪いな。オレに寿司はにぎれねぇ。でも、オレも父ちゃんみたいな職人になりてぇと思うよ。

ケイ子
中学校を卒業したての助六は、みよりもなく、とりあえず手に職を付けようと考えた。

助六
オレは寿司みたいに冷たいモノじゃなくて、あったかいモノつくりてぇな。

と、チャルメラの音。

助六
あ、ラーメンいいかも。

ケイ子
そして助六はラーメン修行の旅に出た。

助六
徹底的に食ってやる!

店主T
お待っちゅどー!

助六
ずずず・・・・麺50点、スープ50点。

店主T
50点!?

助六
うん、微妙。味もキャラも。

店主Y
はいどうぞ♪

助六
店主100点。

店主Y
召し上がれ。

助六
ずずず・・・味20点。

店主Y
文句あんの?

助六
食べてみてよ。

店主Y
ラーメン嫌い〜。

助六
え?

店主A
お待たせしました〜!

助六
ずずず・・・おっ!麺90点、スープ80点。

店主A
ありがとうございます!

助六
あの、お店の名前は?

店主A
すがきやです!

助六
え?

ケイ子
父親が残した金が底をつくまで、15才の助六は、日本中を旅してラーメンを食べ歩いた。

助六
でも何か違うんだよなぁ。オレが食べたいラーメンはこんなんじゃない。

ケイ子
ラーメンに飽きた助六は、地元へ帰ってきて、小さな食堂へ入った。

カランコロンカラーン。

助六
え?

ケイ子
ハイカラだろ。

助六
食堂ですよね。

ケイ子
そうだよ。何にする?

助六
あれ?ここ、ラーメンあるんですか?

ケイ子
ラーメン屋のと一緒にするんじゃないよ。ここは食堂なんだからねぇ。

助六
ですよね。

ケイ子
おい小僧、今なめただろ。

助六
え?

ケイ子
一杯食ってきな。(と、どんぶりを出す)

助六
はい。ずずず・・・え?!

ケイ子
ちょっと他とは違うだろ?

助六
あの、ここで働かせて下さい。

ケイ子
うちは学生雇わないよ。

助六
オレ、高校行ってません。

ケイ子
中卒かい?

助六
はい。

ケイ子
身内は?

助六
母ちゃんはオレが小さい頃に蒸発、父ちゃんはこないだ死んで、1人です。

ケイ子
年寄りはそう言うのに弱いんだよ。くせぇから早く風呂に浸かって厨房はいんな。

助六
おばちゃん!

ケイ子
「ケイ子さん」と呼びな。


助六はその食堂で、ラーメンの修行を始めた。

ケイ子
寿んちの忘れ形見なんだってねぇ。


(一礼)その食堂は、かつて父親が初めに修行した店でもあった。

ケイ子
親子2代で、はた迷惑なやつらだよ。


そこで助六はラーメン修行を始めた。

助六
いらっしゃいませー!修行してまーす!!


ケイ子はただの食堂のおばちゃんじゃなかった。

ケイ子
なめるんじゃないよ。


あらゆる料理をマスターした、一流の料理人だった。

助六
ケイ子さん、この麺どう?

ケイ子
やわい!

助六
これは?

ケイ子
堅い!

助六
これは?

ケイ子
微妙。

助六
これは?

ケイ子
(鼻で笑って)笑わせてくれるねぇ。

助六
くそっ!

ケイ子
コレを食べてみ。

助六
!?------頑張ります!


そうして助六が10年の修行を積んだある日。

倒れるケイ子。

助六
ケイ子さん!?

ケイ子
スケちゃん、悪いけどあたし、店閉めるわ。

助六
え?そんな-----

ケイ子
実はこの店買いたいって人がいてね。

助六
え?

ケイ子
結構イイ額なのよ。

助六
ケイ子さんは?

ケイ子
しばらく養生するよ。


そしてケイ子さんは助六に言った。

ケイ子
スケちゃん、あんたそろそろ自分の店出しな。

助六
いやそんな、無理ですよ。

ケイ子
屋台から始めるんだよ。金なら少し出してやるからさ。

助六
ケイ子さん-----

ケイ子
それに他で修行するにも、あんたより上の味は、そうそうないだろ。

助六
ありがとうございます!

父&ケイ子
そうして助六は、ラーメンの屋台を始めたのでした。

助六
いらっしゃいませ!天下一の食堂育ち、寿助六の寿ラーメンです!!

ケイ子の語り、終了。

ケイ子
あらスケちゃん、やっとお目覚めかい?

助六
あ、ケイ子さん!?

ケイ子
何驚いた顔してんだい。あたしの方が驚きだよ。まったく、こんな所で寝てるんだもんね。

助六
ここ、ケイ子さんが入院してる病院なんですか?

ケイ子
そうだよ、文句あるのかい?あたしゃスケちゃんが起きるの待ってて、時々のぞいてたんだよ。

助六
ケイ子さんは、調子、どうなんですか?

ケイ子
すっかり身軽だよ。元気そのもの!スケちゃんの顔も見れたしねぇ。

助六
そうなんだ、良かった。やっぱりケイ子さんはそうでなくちゃ。

ケイ子
まぁね!てかスケちゃんこそ、しっかりしなさい。いったいこんなトコで何やってんだい。

助六
そう言われても、どうしてここにいるのか、わかんなくて・・・・・オレ、何で入院してるんですか?

ケイ子
はぁ?そんな事知らないよ。あたしゃあんたの後からやってきたんだからねぇ。

助六
そうなんですか。オレ、3ヶ月前から入院してるみたいなんですけど、何でこうなってんのか、全然わかんなくって-------

暗転。

Scene04-3へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts