No.012
[A day in the Life]


Episode01-1
[魂のルール]


ミミズクの姿が浮かび上がる。

ミミズク
・・・え?今、そう言ったの?
あのさ、まず「今度は」って何?今度は今度はって同じミスでもう4回目。いい加減私何度同じ事を聞かせれば気が済むの?大体、何のために私がわ ざわざチェックをしてるのよ。はっきり言うけどさ、2年経ってこれじゃ、あんたこの仕 事向いてないわよ。
いい?明日までに退職願いを書いてきて。お願いだから私の前に2度 と顔見せないでちょうだい。わかった?

あ、鵜飼くん、こないだのあれ、何だっけ?駅で 見かけたリコーダーの2人?あれちゃんと見つかった?え?何やってんのよ。早く取材の アポとりなさいよ。今からでも探してきなさいよ。
まったく、椎竹くんと 鵜飼くんの仕 事待ってたら夜が明けるどころか年が明けちゃうし。どうして私がこんな思いをしなくち ゃいけないのよ?
もう先帰るから、後よろしくね。ほら椎竹くん、オロオロしない!あな たは退職願をさっさと書けばいいの!

タバコを探すが、無いことに気づく。イライラしながらケータイを出し、電話をする。
バスタオルを持った若旦那が現れる。


ミミズク
もしもし今何してるの?

若旦那
え?これから、お風呂に入ろうと思ってたところだけど。

ミミズク
何で私より先にお風呂に入るのよ。

若旦那
こないだ遅いときは先入ってていいって言ってたから。

ミミズク
え?そうだった?じゃあそれやめ、撤回。若旦那は私のあとじゃなきゃ入っちゃだめ。

若旦那
あ、うん、わかった、そうするよ。

ミミズク
そうして。すぐに風呂の栓抜いて。

若旦那
え?後で入るから。

ミミズク
私が入った後から、入れなおせばいいじゃない。先に若旦那のとこのお風呂にお湯がはってあるのが何かいや。

若旦那
そう?わかったよ、抜いておく。今仕事終わったの?

ミミズク
そう。

若旦那
お疲れ様。

ミミズク
お疲れよ、ホントに。今から迎えに来て。

若旦那
今から?

ミミズク
うん、マッハで。

若旦那
まっぱ?

ミミズク
『マッハ』。音速のマッハ。

若旦那
そんなに早く行けないよ。音の速さって、空気中を約340m/秒で伝わるんだよ。

ミミズク
じゃあせそんなマッハの勢いで来て。

若旦那
いいけど、今どこにいるの?

ミミズク
まだ職場。堤防沿い歩いて帰るから。

若旦那
え?堤防沿いって、車入れないし。

ミミズク
いいから適当に車置いて見つけて。

若旦那
わかったよ。外寒くない?大丈夫??

ミミズク
今から会社出るところだからわかんない。

若旦那
そっか。じゃあ後でね。

ミミズク
うん。あ、

若旦那
お風呂の水は抜いとくから。

ミミズク
お湯でしょ。

若旦那
あ、うん、そうそうお湯。。

ミミズク
あとタバコかっといて。

若旦那
あぁ、いつも吸ってるヤツでいい?

ミミズク
うん、じゃあマッハでね。外寒いんでしょ?あんまり歩かせないでよ。風邪ひいたら若旦那のせいだから。

若旦那
わかったよ。また電話するよ。

ミミズク
いらない。出るのめんどくさい。

---暗転

所変わって堤防沿い。
競歩男が競歩でやってくる。


競歩男
えっほっえっほっ、えっえっほっほっ・・・。
はぁ、きつい。これはきつい。見た 目以上にこれは結構きつい。ほんとだよ。
ねぇ、うさこたん。こっちおいでよ、 だいじょうぶだからさ。

カザリ(声)
・・・・え?私のことが見えるの?

競歩男
ほらぁ、怖がらなくて、いいからさ。

カザリ(声)
怖がってないよ、おじさん霊感強いの?ちょっと私どうすればいいの?ねぇ、助けてよ。

競歩男
見つけた。何でこんなところに隠れてんの?

カザリ(声)
だよね、てか私うさこたんじゃないし。てかこの人キモイ。

競歩男
何でって、僕が昨日忘れちゃったからさ、むっふっふ、ごめんね、うさこたん。

カザリ(声)
うわ、気持ち悪い、こっち来ないで。

競歩男
そういや昨日の子はどうなっちゃんだろうね?うさこたん知ってる?

カザリ(声)
え?

競歩男
知らないよね。さ、お家へ帰りましょうか。ぶっそうな世の中ですしね。

カザリ(声)
ちょ、ちょっと行かないでよ。てか、こっち来てる。

競歩男
ん?

カザリ(声)
おい、ちょっと、ぶつかるぶつかる!

と、カザリの魂は競歩男に入り込む。 以下、カザリの魂が入っている状態の役には、名前の後にKがつく。

競歩男K
え?あ!?うさこたん?何コレ?意味わかんない。私、この人?え、え〜!?

と、ミミズクが通りがかる。

ミミズク
・・・・?

競歩男K
あ!あの、わ、私、どど、どうしよう。

ミミズク
どうかしたんですか?

競歩男K
えと、どうかしたって言うか、なんて言うか。どう説明すればいいんだ?その、私、この人じゃないんです。

ミミズク
大丈夫ですか?

競歩男K
大丈夫じゃないです!ていうか、マジ困ってます。さっきから困ってたんですけど、もっと困ってます。いや、動けるだけマシなのかな・・・あ、でもやっぱりこれはイヤっ!

ミミズク
大変そうですね。

競歩男K
はい。どうすればいいんですか?

ミミズク
どうすればって・・・とりあえず、落ち着いて、家にでも帰ったらどうですか?

競歩男K
家?って言うか、このまま帰るなんてありえないし。あの!

ミミズク
何?

競歩男K
突然娘が、ジャージ着たおじさんになって帰ってきたらびっくりしますよね?

ミミズク
娘が、おじさんに?

競歩男K
はい。

ミミズク
そりゃ、驚くとは思いますけど。

競歩男K
ですよね、どうしよぉぉぉぉ。

ミミズク
警察行きますか?私、めんどくさい事イヤなんですけど。

競歩男K
警察って、どうして?大体どうやって説明すれば、いいかわかんないし。

ミミズク
とりあえず、今のあなたの状況とか。家ドコなんですか?

競歩男K
えと、緑区です。

ミミズク
緑区?緑区ってドコですか?

競歩男K
え?名古屋の、ですけど。

ミミズク
名古屋?結構距離ありますよ。まさか走ってきたんですか?

競歩男K
え?ココどこなんですか?

episode01-2へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts