No.011
[始マリノ終ワリ]


Episode04
World

マナブの世界の創造と世界征服と、
それらの妄想と現実。


雨の音。

マナブの回想。

以下、アイルの声は舞台上へは聞こえない。


マナブ
あの日は雨が降っていた。確か、昼過ぎからずっと小雨が続いていた。午前中から仕事の打ち合わせがあった僕は、起きてすぐにメールを送った。アイルからは「明日は休みだから今日は友達と夕食を食べるからね」と返ってきていた。

ドアから花音が現れる。


ありがとうございましたー。

花音
うわぁ、まだ雨降ってるね。

アイル
ほんとだー。どうする?花音、タクシー乗ってく?

花音
そうだねぇ、歩くの面倒だしね。雨降ってると。

アイル
でもこの辺り、あんまりタクシー通らないよ。

花音
そだねもう少し、大きな通りに出るよ。

アイル
じゃあ私、タクシー乗るまでついてくね。

花音
ありがとう。

歩き出す花音。

マナブ
午後に仮眠を取ったあと、僕は妹からのケータイで起こされた。

まやが現れる。

まや
もしもし。

マナブ
どうした?今日は帰らないけど。

まや
えー、パンと牛乳ないよー。買うのお兄ちゃんの仕事でしょー。

マナブ
ごめん、まやが行ってくれるか?

まや
やだよ、夜遅いし、怖いじゃん。

マナブ
あ、そうだ、アイルに頼んでみるよ。

まや
いいのー?悪いじゃん。

マナブ
明日は休みで今日友達とご飯食べてるはずだから。帰りにコンビニ寄って買ってもらうよ。

まや
ホントにいいの?

マナブ
家近いんだし、大丈夫だよ。じゃあ言っておくから。

まや
ありがと、アイルさんによろしくね。

まや消える。

マナブ、電話をする。


花音
アイル、電話なってるよ。

アイル
あ、ホントだ。

花音
マナブさん?

アイル
多分。

花音
ちゃんと心配して電話してくるんだ、いいなぁ、そういう彼氏。

アイル
もしもし?

マナブ
今帰り?

アイル
そうだけど。

マナブ
今どの辺り?ゴメン、ちょっとお願いなんだけど。

アイル
なーに?

マナブ
コンビニ寄って、パンと牛乳買ってきて欲しいんだ。

アイル
えー。

マナブ
今日、仕事で帰れないから。買うの、僕の担当だったんだよね。

アイル
わかったよー。

マナブ
うん、頼むよ。じゃあ、気を付けてね。

アイル
はいはい。

マナブ
また電話するから。

花音
どしたの?

アイル
パンと牛乳買ってきてってー。

花音
なにそれ、お使い?コンビニ寄るなら私ついてくよ。

アイル
いいよ、悪いし。

花音
大丈夫、どうせ明日はお休みだし。

空が現れる。


いらっしゃいませー。

花音
パンどこ?


あちらにありますよー。

アイル
牛乳は?


そちらにありますよー。

花音
デザートは?私たちの。

アイル
いいねぇ。どれにする?

花音
私コレ、アイルは?

アイル
コレにする。

花音
後はいい?

アイル
うん。

レジに行く2人。


ありがとうございますー。お会計4点で777円になります。

花音
おっラッキーセブン!

アイル
ホントだ。


おめでとうございます。僕のスマイルをプレゼントします。

花音
はぁ?


怖い顔しないでくださいよぉ。おつり223円になります。ありがとうございましたぁ。

空、消える

花音
ありがと。立ち食いしちゃう?

アイル
そうしよそうしよ。

花音
あれ?スプーン入ってない!あのアホ店員め!アイル、タクシー来たら捕まえといて。

アイル
わかったヨォ。

花音、コンビニに入る。

マナブ電話をする。


マナブ
もしもし、パンと牛乳買えた?

アイル
うん、大丈夫。でもスプーンが。

マナブ
スプーン?

アイル
うん、デザート買ったんだけど、店員が入れ忘れちゃって。

マナブ
もらいにいった?

アイル
うん、まだ花音と一緒にいて、取りに行ってくれてる。

マナブ
そか。ありがとう。悪いね、わざわざ。

アイル
大丈夫。また帰ったら連絡するよ。

マナブ
うん、あとさ、式場なんだけど、もう決めた?

アイル
まだ迷ってる。

マナブ
そか、週末話聞きに行こうよ。

アイル
あっ。

マナブ
どうした?

アイル
傘飛んでっちゃった。

マナブ
傘?気をつけなよ。

車の急ブレーキの音。

人にぶつかる音。

車が逃げ去る音。


マナブ
もしもし?

花音と空が出てくる。

慌てる2人。

マナブ
もしもし、もしもし?

雨の音が強くなる。

マナブ
アイル!アイル!?どうした!?おい、返事してよ、返事してくれよ、どうしたの?どうしたの?アイルー!!!

暗転。

雨の音が止む。

数秒の静寂。

足下に、置かれている4本のガーベラ。
ガーベラを手にしたマナブが現れる。


マナブ
----どうして、ココにガーベラが・・・?誰が、置いたんだ?・・・犯人が、アイルを轢いた犯人が置いたのか・・・・!?松男、松男ー!!応答しろ!!

松男
はいコチラ松男、ご主人様、大変です。

マナブ
どうした?

松男
第一発見者を捜査していたら、

ダニ
なんですか?あなたは?

松男
と、変な虫が現れました。どうぞ。

マナブ
どうした?何がいるって?

ダニ
ダニエルです。

松男
虫です。虫がついていました。何だかよくわかりませんが、この虫このやる気満々です。僕、ロケットパンチ出せますか?

マナブ
お前は監視ロボットだ。武器なんて持ってない。帰ってくるんだ。

ダニ
何をしているんですか?花音さんの何を知りたいんですか?

松男
ぼ、僕は監視するだけのロボットですよ。もう、とりあえず帰りますんで。

ダニ
監視?私たちは花音さんを守るためにいるのです。監視だってさせません。だから帰しません。

マナブ
おい、何やっている?

松男
マナブさん、このまま帰れそうにありません。丸腰松男、戦います!

マナブ
やめろ、帰ってこい!お前は強くない!ってかすっごく弱い!!

松男
みんな、やったるぞぉ。

子松男
おうよぉ。

マナブ
松男ー・・・!!

BGM「VS!」

松男組(ロボット達)とダニエル(ダニ)の戦い。

ダニエルがあっけなく松男組を倒す。


マナブ
松男が、やられた。

----暗転。

とぼとぼ歩く男。

道は暗く、その先は見えない。

電車が近くづく音。
だんだん大きくなってくる。



これまで、何度となく、警察へ行こうかと思いましたが、両親の事を思うと足が止まり、名乗り出る事が出来ませんでした。どうしようもない、男です。私は2年前、ひき逃げをしました。若い女性でした。雨が降っていて、よく前が見えていなかったと思います。ゆっくりと走っていたのですが、突然、ドン、鈍い音がして、車を止めると、側で女性が倒れていました。私はその時、すぐに救急車を呼べば良かったのですが、少し酔っており、気が動転してしまい、その場を立ち去ってしまいました。翌朝の朝刊でその女性が重体であると知りました。それからの毎日、いつ警察が来るかと怯えていました。

私は先日、両親を事故で亡くし、初めて、事故で人を失った人の気持ちがわかりました。やはり改めて警察へ行こうかと思いましたが、この先生きてこの重圧に耐えられそうにありません。本当に、申し訳なく思います。私がいなければ、不幸が減っていたと思うと、もう、生きていく自信がありません。本当にすみません。本当に、すみません。

電車が通り過ぎる音。

----暗転。


マナブ
翌朝のニュースで、はじめに僕の目に入ってきたのは、昨日の酔っぱらいの話だった。どうやら僕が見た後に自殺をしたらしい。仕事を無くし、身寄りが1人もいない彼は、深夜の回送列車に轢かれ、この世を去った。それは6時間後の事だった。僕があの男を見てから。あの男は、何を思い、死んだのだろう?少しだけ、そんな事を考えたが、憶測で人の最期の気持ちをあれこれ考えるのは失礼だと思い、考えるのをやめた。どんなに小さな男だって、生きていた人間だ。僕はそれを尊重したい。誰もが誰もを尊重できる世界を創りたいのだから。

僕はこれから、少しずつ松男を改良して、もっと優れたロボットにしていく。アイルが願っていた、ツライ事や悲しい事を減らして行きたい。僕はその遺志を継いでいくよ。もう、そうするしかないと思う。それが、僕の人生なんだ、そうだろ?アイル。君の事を忘れる事なんて出来ないんだ。向き合っていくしか、時間は、繋がっているのだから。

----暗転。





【世界には】
【ツライ事や悲しい事が多すぎる】




【そうだろアイル】






【世界は】
【それでバランスがとれている】
【っていうのは嘘だよな】




【それが本当なら】







【僕がそのバランスを崩してやるよ】






Episode∞へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts