No.010
[ Cried for the Moon ]


Scene08

[月ガ消エル日。]


とそこにセレナが現れる。

セレナ
皆さま、お集まり頂きありがとうございます。と月がお礼を申しています。

4人
!?

モモ
あ、あなたは・・・!?

マリア様
タマ?

ジョジョ
え?タマ??

マリア様
タマ、どうしてココにいるの?

セレナ
あ、マリアさん。いままでお世話になりました。

総理
何よあんた、ずっと地球にいたの?

セレナ
帰れなくなっちゃいまして。

ジョジョ
ねぇ、ウサギってコレのことだったの??

マリア様
ねぇタマ、どういうことなの?

セレナ
私は月の住人です。月の声を伝える使者なのです。月がなくなれば、私も生きていられません。

マリア様
何をおっしゃるの??エロマンガ家先生がどうにかしてくれるわ。あなたはまた月に帰れるわ。

セレナ
皆さん、月が言っています。ありのままを受け止めてほしいと。

マリア様
タマ、そんなの嫌よ!あなたは私のたった1人の友達でしょ!?

セレナ
そんなことありませんよ。マリアさんにはお友達がいるではないですよ。大丈夫ですよ。

ジョジョ
マリア様・・・。

マリア様
タマ・・・そんなことをおっしゃらないで・・・。

モモ
月は、私たちのことを恨んでる?

セレナ
月は、悲しんで欲しくないんです。それに完全に消えてしまうわけじゃない。姿がなくなるだけです。

ジョジョ
どういう意味?

セレナ
それはちょっと考えればわかると思います。

とナナミが現れる。

ナナミ
総理、大変です!?

総理
あら、ナナミちゃん、どうしたの?

ナナミ
月解体計画の管理部への通信が遮断されております。

総理
え?

マリア様
エロマンガ家先生が、なんとかしてくれているんですわ。

ジ&モ
え?

ナナミ
総理、どうしましょう!?

総理
あの人達に委ねましょう。もうこうなっては、どうしようもないわ。

ナナミ
しかし、それでは世界を危機にさらすことになります!

総理
大丈夫、あの人達を信じましょう。

アキラにライト。

アキラ
--------照準を変更します。月から、--------地球へ。

アキラ、いろんなボタンを押す。

ヒカル
え?ちょっと、何考えてるんだよ?

アキラ
ちゃんと押しなさいよ。押さなければ、あなたの命は無いわ。

ヒカル
・・・地球にミサイルを・・・?

アキラ
月は残され、地球が破壊されるの。地球が破壊されて、粉々になれば、破片が月の重力に引かれて、月は、地球と一体化するの。そうすれば、月は第2の地球となって、太陽の周りをまわる惑星になるわ。月を破壊したくないんでしょ?あなたの希望も叶えられるわ。

ヒカル
君は、新しい世界を創ろうというのか?

アキラ
いい?押すわよ・・・。

ヒカル
そ、そんなこと・・・

アキラ
押しなさい。

ヒカル
無理だ。

アキラ
押すのよ。

ヒカル
出来ない。

アキラ
一度救われた命よ、今更何を惜しむの?

ヒカル
命は僕たちだけにあるものじゃない。

アキラ
いいからおすのよ、私は月が残ればそれでいいの!!!

そこへ、セレナが現れる。
時が止まる。


アキラ
!?・・・どうしたの??ヒカルくん!?

セレナ
ムダですよ。あの方が時を止めましたから。

アキラ
な、何を言っているの!?

セレナ
私のこと、忘れちゃいましたか?20年前にあなたと会っるんですけどね。新月の夜に。

アキラ
月の声を伝える・・・・

セレナ
そうです、月の使いです。

アキラ
バカな。

セレナ
そんなヒトコトで片づけないで下さいよ。バカなことだって以外と当たり前のように起こるもんですよ。月が1日だけ消えたり、月に瞬間移動したり。経験してるじゃないですか。

アキラ
消えてっ!あなたにかまっている時ではないわ。そんな記憶は私の幻想にすぎないのよ。

セレナ
早くプログラムを戻すんだ。

アキラ
イヤ。私は、月と一緒に死ぬの。

セレナ
あの方ははそんな事を望んじゃいないよ。もう大人なんだからバカな事はよしな。

アキラ
私は、あの時と違って、本気なの。・・・私は、月に近づきたくて、ここまできたの。私はずっと月を感じていたくてここにいるの。なのにどうして、私から月を奪っていくの?

セレナ
では、月のコトバをそのまま伝えますね。

6人
・・・死ぬなら一人で勝手に死ねばいい。これからも生きていこうとする人を巻き添えにするのはよしなさい。

セレナ
ってさ。

アキラ
そんな・・・・。

セレナ
あなたは、自分の欲求のためにしか行動しないのですか?他人の事を考えず、何よりも自分の大切な人の事を考えず。

アキラ
人は誰だってそうよ!自分を中心にか物事を考えないのよ。だから月が消えてしまうの。

セレナ
あなたは、そんな人間ではないはずだ。本当のあなたを、月は知っている。

アキラ
私は・・・月が消えるなんて耐えられないのよ。月の事が大好きで、今までずっと励まされてて、私は、月のことが-------。

セレナ
わかってます。あの方は君の気持ちをよくわかってます。

ボタンを押し、プログラムを戻す。時が元に戻る。

アキラ
ヒカルくん、もどしたわ。行くわよ。

ヒカル
え・・・?

アキラ
信じなさい。

ヒカル
------わかった。

アキラ
ミサイル発射のボタンを押します。5・4・3・2・・・・・(押す)ごめんなさい。-----お月様、私はあなたを----------ずっと、愛しています。

セレナ
さぁ、キミ達もこっちへ来るんですよ。

2人
え!?

アキラとヒカル、セレナに連れられて、月の見える丘へ。

モモ
・・・・アキラちゃん!ヒカルくん!!

ヒカル
ごめん、僕は結局、スイッチを押してしまった・・・・。

アキラ
もうすぐ月はなくなるわ・・・本当に、最後よ。

総理
ごめんなさいね、ツライことをさせてしまって。

アキラ
総理・・・。

セレナ
そうだ、これを返しておきます。

セレナ、写真、遺書、スケッチブック、錠剤を手渡す。

モモ
これ、私の写真・・・。

セレナ
ずっと預かったままだったからね。

アキラ
これ・・・・。

ヒカル
僕らの遺書だね。

モモ
あ、これ、ひょっとして睡眠薬?

セレナ
さぁ、持ち主に聞いてみて。

総理
あっ、私のスーパーダイエット!!

モモ
は?

セレナ
あの方が皆さんに、お礼を言いたいんだって。

モモ
そんな、私たちは何も。

セレナ
皆さんはいつもあの方を見てくれていた。孤独ではなく、誰かが自分を見ている。それがうれしいって、泣きながら言っています。そして、今までありがとう、って。

月が消える。同時にセレナは去る。
みんな、コトバがでない。


アキラ
ホントに・・・・消えてしまった。

マリア様
タマが、いなくなっちゃった・・・。

ジョジョ
マリア様・・・。

その場に座り込むアキラ。誰も言葉をかけられない。
モモが総理の涙に気付く。


総理
皆さん、覚えておくといいわ。一番悲しいのはね、大切な人を失うその時ではないの。何年も時が経ち、今の自分に影響がなくなったその時、初めて、本当に失ったのだと気づくの。その時が一番ツライ時よ。私は今、夫を亡くしたのだと本当に気づいたわ。

モモ
お母さん・・・。

総理
でもね、そういう時にはどうしたらいいか、あの時「月」が教えてくれたの。

アキラ
どうすれば、いいのですか・・・?

総理
感謝するのよ。その時がきっと来るわ。

アキラ
感謝・・・・。

総理
その時が来ても嘆いてはいけない。感謝して、こう言うのよ。

みんな、顔を見合わせ微笑む。

7人
・・・・今まで、ありがとう。

ゆっくりと暗転していく。

Scene∞へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts