番外編
[ 山田家の災難 ]


Case1

訪問販売に気をつけろ!!
〜何か買わされたらどうしよう〜


入れ違いで入ってくるシンノスケ。

シン
かあさん!今ヨン様いたよ!ヨン様!!家からヨン様出てきたよ!!

アキエ
え?あぁ、あれは水道局から来た人よ。

シン
え?水道局?

アキエ
えぇ、この辺一帯の配管を検査しているんですって。

シン
そうなんだ。それでどうだったの?

アキエ
それがねぇ、もうひどいんですって。ジョイント部分はボロボロで、壁は薄くなってて、ヒヨコがピヨーって。

シン
は?

アキエ
あ、いやいや、それは別の話だった。

シン
それで、どうしたの?

アキエ
そんなの、すぐに修理をお願いしたわよ!ほっといて配管破裂したらウン百万なんですって。怖い怖い、そんなウン百万なんて山田家にはありません。

シン
それで修理するんだ。

アキエ
えぇ、明後日からね。

シン
は?急だねぇ〜。

アキエ
ここら辺一帯をいっぺんにやるからなんだって。お風呂も変えてもらうから、キレイになるわよぉ〜。ジェットバス付きで。

シン
ジェットバス?泡でぶくぶくするやつ?

アキエ
そうよぉ。コレで私もお姫様気分よぉ〜。楽しみよねぇ〜。

シン
それで、それはいくらするの?

アキエ
あ、80万円。

シン
はぁ?

アキエ
ねぇ、安いでしょ〜。

シン
安くないよぉ。

アキエ
それがね、普通なら100万は超えちゃうんだって。さっきなんて、そのお風呂つけてもらった奥さんがお礼言いに来たくらいよぉ〜。

シン
そうなんだぁ・・・。それならいいんだけどさぁ・・・。まさか騙されてないよねぇ。

アキエ
そんなはずないでしょ〜。ヨン様に悪い人はいないわよぉ。

シン
そうだといいけどさぁ・・・。

2人
それから1週間後。

シン
ただいまぁ〜。

アキエ
シンノスケ!お風呂完成したわよ!!

シン
ほんと?どう?どう??

アキエ
いやぁ、もう〜それはそれは。ちょっと見てごらんなさいよ。

シン
うん!

見に行くシンノスケ。

シン(声)
うわ〜かっこい〜!へぇ〜ヒヨコついてんだぁ〜。っておかしいよ!

出てくるシンノスケ。

シン
かあさん、おかしいよ。お風呂のお湯入れる蛇口にヒヨコついてる。

アキエ
かわいいでしょ。

シン
うん。いや、そうじゃなくてさ。

アキエ
個性よ個性。個性の時代ですモノ〜♪でもいいでしょ。

シン
うん、まぁあれならつけても良かったね。

アキエ
よね〜?

シン
うん。

アキエ
よね〜。

シン
うん・・・。

アキエ
よね〜〜。

シン
うん・・・どうしたの?

アキエ
良かったわよねぇ〜。だから私、おトイレもお願いしちゃった。

シン
は?トイレ?トイレは別にいいんじゃないの??

アキエ
いやねぇ、いい仕事してくれるし、せっかくだからどうですか?って言われちゃってさぁ。

シン
いくらなの?

アキエ
80万円。

シン
80万!?おかしいよ、それ!!

アキエ
え?

シン
お風呂なら80万もかかるかも知れないけど、トイレでしょ!?

アキエ
でも最新式なのよ〜。それぐらいかかっても仕方ないでしょ。

シン
いや、それ絶対おかしいよ。カモられてる!!騙されてるんだよ!!

アキエ
何いってんの?そんなはずないでしょ。

シン
あるよぉ。アリアリだよぉ。かあさん、騙されてるよ!しっかりしてよ!!

アキエ
騙されてなんかいって。シンノスケは大げさなんだからぁ。

シン
そうだ、アレに聞いて見ようよ。

アキエ
あれ?

シン
あの、消費者センターみたいなやつ。

アキエ
いいわよ。それでシンノスケが気が済むんだら。えっと電話帳電話帳。

シン
はい、コレ。えーっとココ。

アキエ
はいはい。

と、電話をかけるアキエ。
なぜか中国人風のセンターの人。


アキエ
もしもし〜。

センター
はいはい〜。

アキエ
あのですねぇ、配管の業者さんでですねぇ。

センター
配管?マンションまわってるやつか?

アキエ
はい。ヨン様似の。

センター
ヨン様〜?あいやーそれ騙されたよー。

アキエ
えぇっ!?

センター
最近多いよー、ヨン様ー。ひどいねー。

アキエ
うそ。

センター
騙されたよー。

アキエ
でも、水道局から来たって。

センター
あー、それは水道局の方から、っていってなかたか?

アキエ
あ、そうだったかも。

センター
それは、水道局の方角から来た言う意味らしいよー。水道局の者とはいてないらしいよー。だから違うねー。

アキエ
そうなんだ・・・。

センター
あいや、騙されたよー。クーリングオフできるならするよ。

アキエ
あ、はい。

センター
これからは気をつけなー。

と電話を切る。

シン
騙されたって?

アキエ
うん。おーいおいおいおい、おーいおいおいおい。くやしいよぉ〜。

シン
その後、トイレの方はクーリングオフが出来ましたが、今でも母のココロの傷は癒えません。しかしそれで終わらなかったのです・・・。

電話のコール音。

アキエ
はいはいはい・・・。


あ、もしもし、最近そちらのマンションで水道管の破損が見つかりまして、只今無料で検査をさせて頂いているのですが。

アキエ
あ、それはこないだやってもらったので。


ではトイレの方は大丈夫ですか?

アキエ
あ、それもいいです。

チャイムの音。

アキエ
あ、もういいですから。すいません。

と言って切る。ドアを開けると営業マンがいる。


こんにちはぁ。本日は最高級の羽毛布団をとってもリーズナブルな低価格でご提供させていただきたく参りましたぁ。

アキエ
あ、いいです。布団はありますから。


そんじょそこらの布団じゃありませんよぉ。最高級の羽毛布団ですから。ふかふかのぽっかぽかですよ。

アキエ
そう言われましても・・・。


ふかふかのぽっかぽか・・・ふかふかのぽっかぽか・・・。(催眠術の様に)

アキエ
ふかふかのぽっかぽか・・・

とそこに電話のコール音。

アキエ
あ、い、いいです!もう帰ってください。(とドアを閉める) あ、もしもし?


本日は最高級の天然素材オンリーの化粧品をご案内させて頂きます。

アキエ
え、そんなのいいです。


そうおっしゃらずに、一度サンプルをお届けに参りますので・・・。

アキエ
いや、いいですから。(電話を切る)

とチャイム音。


本日はご家庭で役に立つ、地域の詳細地図をお持ちしました〜。

アキエ
え?

電話のコール音。

アキエ
もうやめてください〜!

シン
すっかり母はねらわれてしまい、あれ以降、勧誘電話や訪問販売が後を絶たなくなってしまいました。

Case2-1へ

※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts