No.林
[ e-てんき ]


Episode10
午後二時<<てんき+なをみち版>>



舞台上、田島よし子総理が浮かび上がる。

総理
はじめまして。私、田島よし子です。No.010を御覧になった方はご存じかと思いますけど、私は日本で初めて女性総理になった人なの。すごいでしょ?私、頑張ったんだから。
うん、もっと尊敬の目で見て頂戴、素敵なお嬢様方。え?えぇ、みんな素敵なレディよ。ここにいる方みんな素敵。なにせ大事な時間を使って、こんな小さな劇場に足を運んで下さるんだもの。ホント、ありがと。
あ、先ほどお嬢様方って言ったけど、私はみんなより少し先を生きているの。たぶん年齢的には、あなたと同級生くらいね。何よ、嫌なの?あなたもあと20年くらい経てばこうなるのよ!花の命は結構短いのよ!だから、今を大切に生きて頂戴ね。
あら、うなずいた方がいるわ。うんうん、みんな、これからも楽しく生きていきましょ。女が元気なら、日本全体が元気になるのよ。若さも、美しさも、いずれなくなる。それを悟った時、女は図太さと厚かましさ、そして力強さと厚化粧を手に入れるのよ。頑張りましょ。私の時代はこの時代よりもいい国になっているわ。戦後、男が頑張り国が栄え、そして堕落して落ちぶれた。今度は女がふんばって栄える時代よ。今日、私はそれを言いに来たの。たくさん笑って元気になって、帰ってほしいわ。それじゃ、未来でお会いしましょ。最後に素敵な一発芸で締めくくって次のお芝居につなげたいと思うわ-----(パーマの髪を集めて)『マリモ』
うん、気に入ってもあと20年は使っちゃダメよ(やっぱり、昔の人にはウケないわね)

-----暗転。





【Epsode10:午後二時】




【てんき+なをみち版】





セミの鳴き声とお経のハーモニーが響き渡る炎天下。
そこは告別式の真最中。
親子とでかい女。
女は泣いている。


たるみ
あーん、あーむ、悟(縁遠巡査の本名)さーん(泣)

なをジィ
悲しかろう、悲しかろう。しかしいつかは悟のことを忘れられる日がくるじゃろうて。

たるみ
悟って誰?

なをジィ
もう忘れとる。

アツ子
おじいちゃん、もうすぐ終わりそうだよ。

なをジィ
そうじゃの。この世の終わりじゃのぅ。

たるみ
核ミサーイル!

なをジィ
じぃちゃんバリア。

アツ子
おじぃちゃん、しっかりしてよ喪主なんだから。

なをジィ
もちろんじゃ、わしに全て任せとけ。みなの記憶に残るよう、一肌も二肌もいっそのこと全裸で頑張っちゃる!

たるみ
裸族だやほーい!

アツ子
嫌な記憶が残りそう。

なをジィ
ところで、アツ子。喪主はお前がやってくれんか。

アツ子
さっき任せろって言ったじゃん。

なをジィ
んなこといったかの。よし、ねぇちゃんがやれ。

たるみ
うほほーい。

アツ子
駄目だってば(手刀でたるみを斬る)

なをジィ
いつからそんな技を。アツ子、棺桶もう一つ追加じゃ。こやつもう駄目じゃ。

たるみ
(死にかけで)死に神だ。

なをジィ
フォフォフォ、このノートにお前の名前を、

アツ子
おじいちゃん!(手刀でなをジィを斬る)ふざけないでよ。

なをジィ
じゃが、こうも暑いとアツ子がじぃちゃんの喪主やることになるぞ?

アツ子
ホント不謹慎。悪いと思わないの?

なをジィ
ちょっとは、

アツ子
誰に?

なをジィ
・・・・・・・お前に?

たるみ
許す!(なをジィと握手)

アツ子
お兄ちゃんにだよ。

お経が終わる。

たるみ
あれ、呪文が終わってない?

アツ子
お経が終わったの。ほら、おじいちゃん、出番だよ。

なをジィ
そうか、いよいよワシが全裸になる番、

アツ子
(手刀を構える)

なをジィ
冗談じゃ。おほん、えー、皆さん。本日はいやらしい中。

アツ子
忙しい中。

なをジィ
お静まり頂き

アツ子
お集まり頂き

なをジィ
裸族一同

アツ子
家族一同

なをジィ
大変感謝しております。それでは出棺です。

アツ子
ちょっと。(なをジィを連れて行く)変な集会みたくなってんじゃん。ちゃんとやってよ。

なをジィ
もう、あついんだぁよぅ。これ以上天日にさらあしたら、わしゃ死んじまう、老人をいたわろうという気持ちはないのか。

アツ子
ない。

なをジィ
うぐ。それに、早くしないとこの暑さで悟、腐っちまうぞ。

たるみ
サランラップしとけばよかったかな。

なをジィ
頭いいな。

アツ子
意味ないって。

たるみ
ホルマリン漬け。

なをジィ
バッチリじゃ。

アツ子
発想が怖いよ。いいから早く。

なをジィ
たるたるなをジィのショートコント。衛星中継。それではジンバブエのたるみさんを呼んでみましょう。たるみさーん。

たるみ
あれ、声が、遅れて、聞こえるよ。

アツ子
出来てないし。そうじゃないでしょ。

なをジィ
和まそうと思って・・・。それでは、悟の生前の様子を少々。悟は幼い頃に両親を亡くし、母親代わりのワシに説教されては腐っとったが、今はソコで腐っとる。ぷぷ。

たるみ
うまい!

アツ子
もういいよ!

なをジィ
皆さん、本日は大変ご苦労様でした。それでは出棺です。

たるみ
ドナドナドーナードーナ♪さとるが行ーくーよー♪(極力小さな声で)

アツ子
(たるみのセリフにかぶって)ごめんねお兄ちゃん。こんな葬儀になっちゃって。(泣く)

なをジィ
おぉ寂しいのか。今度からおじぃちゃの事「お兄ちゃん」って呼んでいいんだぞ。

アツ子
やめとく。

なをジィ
老けたお兄ちゃんはお嫌いですか。うぉ!家が走っとる。

たるみ
キャンピングカーだ

アツ子
霊柩車だって。ねぇ、最後にお兄ちゃんの顔を拝んでおかない。

なをジィ
え。でも、拝むような顔でもないし・・・

アツ子
行こ行こー♪

三人棺桶に近づく。

アツ子
あ、水したたってる。

たるみ
誰?お漏らししたの。

なをジィ
えー!?・・・まさか。(なを・たるみ、同時にアツ子を見る)

アツ子
そっちじゃなくてこっち。

なをジィ
あぁ、氷が溶けたんじゃろな。

アツ子
普通ドライアイスじゃないの?

なをジィ
じぃちゃんが遊んじゃった。お風呂に入れてプクプクと。

アツ子
それって危ないよ。

なをジィ
うん。直に触って火傷した。

たるみ
(棺桶をのぞく)あっ、もやしだ。

なをジィ
なんと!悟は死んだら、もやしになるんじゃなぁ。

たるみ
(もやしを食べる)

なをジィ
悟る食った!?

アツ子
な訳ないでしょ。なんでお兄ちゃんの亡き骸がないの?

なをジィ
亡骸は行方不明じゃ。

アツ子
どういう事?

なをジィ
昨日テレビを付けたらリモコンが無くてな、悟が間違えて持って行ったのかと思って悟に電話したんよ。それでやっと出たと思ったら「もやし!」って叫んで切れたんじゃ。(泣く)

アツ子
え、なにソレ。

なをジィ
あ、リモコンは自分でもっとった。ボケたのかの。

たるみ
大丈夫だよ。アタイなんてよく自分の名前忘れるもん。

アツ子
あんたは病院行きなさい。それよりお兄ちゃんのこと。

なをジィ
だから、「もやし!」って叫んで切れたんよ。何かあったんじゃ。・・・悟、死んじゃった。

たるみ
うわーん。(なをジィ・たるみ泣く)

アツ子
何かあったのかもしれないけど、死んだって決まったわけじゃないでしょ。

なをジィ
溺れて死ねば溺死。焼かれて死ねば焼死。もやっと死ねば・・・もや死。な自分で言っとるじゃろ。

アツ子
なに?もやっと死ぬって。

なをジィ
だから気を利かせてもやしを入れといたんじゃ。

アツ子
何が気を利かせてなのよ。

なをジィ
もぅ今更後戻り出来んわい。ほら早く涼しそうな冷凍車にのろう。

アツ子
霊柩車!

なをジィ
ほれ、ねぇちゃん。

たるみ
おいっすおいっす(アツ子をおす)

アツ子
ちょちょと!

暗転。ドアの閉まる音。

三人
・・・・・・・・あー涼しいー、天国だぁ〜

縁遠
ただいま。あれ、この葬式どうしたの?

ア・た
え。

なをジィ
悟、もやし食うか?

縁遠
うぎゃー!!!

END


Episode11-1へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts