No.林
[ e-てんき ]


Episode03
松男がんばる<<前編>>



梅ロン
とりまメアドでも交換しとく??

竹山
女子とメアド交換?コレ法にかからない?

梅ロン
梅ロンもうハタチだからOKじゃない?オヤジ、デコメ出来る?

竹山
でこめ?

梅ロン
知らないのぉ〜?ださぁ。

松男
僕たち、ケータイなんて持ってねぇよ〜。通信機能は内臓してるからさぁ。

梅ロン
え〜マジで〜つまんねぇ〜。

竹山
カコーン、カコーン。

梅ロン
でー、梅ロン、何すりゃいいの〜?

松男
僕は小松男を作ってるから、キミらは小梅ロンと小竹山作ればいいんだよぉ。

梅ロン
ふーん。でもあっしカレピいないよぉ。どうやって子どもつくんの?

竹山
しょうがねぇなぁ、俺がひと肌脱ぐかぁ。

梅ロン
やだぁ、きもーい。

竹山
カコーン、カコーン。

松男
自分で自分の分身を作るんだよ。で、またそいつに分身を作らせて、どんどん増えて、世界中にばら撒くんだよ。そうして世界を平和に導くのでぇす!

梅ロン
それでぇ?

松男
え?あとは、何かあればマナブさんに連絡。

竹山
なるほど。じゃあ後は各自でいいよな?

松男
え?

梅ロン
そうっすねぇ。

松男
いや、まだキミらは生まれたばっかりなんだし、

梅ロン
てか、ダサい旧型のオヤジと一緒にいたくないし〜。松男超キモイし〜。まだ竹山の方がマシ〜。

竹山
悪いね〜松男くん〜。

松男
くく〜。

梅ロン
やっぱ竹山もキモイ〜。

竹山
カコーン、カコーン。

松男
そんなこと言わないで〜、最近はちゃんと僕も仕事してんだからぁ。キミらもちゃんと

梅ロン
松男うざーい。

竹山
大体旧型に何で指図をされなきゃいけないんだ?俺と梅ロンがいれば、監視も出来て十分なんじゃないか?松男は監視意外に何が出来るんだよ?

松男
い?

梅ロン
そうそう、梅ロンもそう思ってたぁ。何か出来るのぉ?

松男
何かって、面白いこととか・・・。

梅ロン
じゃあやってみてよ。

竹山
おう、やってみてくれよ。

と、一発芸をやる松男。

梅ロン
松男いたーい。もう死んじゃえよぉ。

竹山
コレはやばい。あと10分はあと引くよ。

松男
そこまで言わなくたっていいじゃないか!じゃあお前達やってみろよ。

竹山
いやぁ、さっきの後にあえてやる勇気はないなぁ。

梅ロン
私関係なーい(とメイクを始める)。

松男
くっそぉ、竹山!

竹山
あぁ?

松男
竹山さん、梅ロンちゃん、僕はマナブさんの為に働きたいんだ!マナブさんには、マナブさんには・・・。

梅ロン
じゃあさぁ、勝負しない〜?

竹山
勝負?

梅ロン
松男がさぁ、監視ロボットとして私たちより役に立ってるか勝負すんの!私たちが松男の仕事も出来ちゃったら、松男いらなくない?

松男
え?

竹山
確かにそうだなぁ。いらないよなぁ。

松男
どど、どうやって勝負すんだよぉ??

梅ロン
誰が最初に悪いヤツを見つけるか、でいいんじゃない?松男監視しか出来ないんだし。

竹山
しょうがねぇなぁ。やってやるよ。

松男
わかった!経験の違いを見せてやるよ!!

梅ロン
乗ってきてやんのぉ〜♪私やっちゃうよぉ。

竹山
オヤジをナメルなよぉ。

松男
くっそぉ、見てろよ、竹山、梅ロン。

BGM。

松男
松男、うぃーんぐ!

竹山
竹山、シシオドシ!

梅ロン
梅ロン、メイクアップ!!

客席にコピーをばら撒く3人。

-------暗転。


後編に、つづく!
Episode04-1へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts