No.009
[ 20 till I die ]


Scene06

[友人は語る。]


前のシーンから続き。
BGM。

タケルとクマ子ちゃん登場。
ラジオ局の放送ブース。


タケル
はーい皆さんこんばんわー。哀川タケルのトリリオンナイト!のお時間です。あ、はいそうです、DJのオレが皆さんのリクエストを聞いて、あえてそのリクエストを無視して好きな曲をかけまくるだけの番組、哀川タケルのトリリオンナーイト!ですってな具合で今夜も哀川タケルがお届けします。
あ、コレ助手のクマ子ちゃんです。着ぐるみなんでしゃべりませーん。ラジオでは意味ありませーん。でもちゃんといるので皆さん妄想してくださーい。中の人がかわいそうです。っていうかやめてやれ!コレ!なぁクマ子ちゃん。昔は指人形で、今は着ぐるみ、ってこりゃすげーバージョンアップだっ!ってなわけで、いやぁ春だねぇ。学生の人はあっという間に新学年って感じでしょうか?オレと同年代はあっという間に三十路目前って感じでしょうか?さてさてそんな出会いと別れの季節に今夜のテーマは「友達」です。あ、この際友達って何よ?みたいな議論はやめて、友達といえば?って考えた時に頭に浮かぶ人をとりあえず「友達」と呼ぼう。な、そういう定義づけで考えてもらえば結構だ。んではその「友達」に関するエピソードとリクエストをお願いします。リクエストはFAXでのみ受け付けます。番号は先週言ったので今日は言いません。にわかリスナーに応える気はさらさらありません。気にくわないなら周波数変えてくださーい。なークマ子ちゃん。
はい、では1件目。広島県広島市の哀川タケルさんからです。「オレの友達と言えば、ある時、突然消えた人がいます。大学3年になると、学校に現れなくなりました。家族は普通に生活してるみたいなんで、夜逃げじゃないと思うんですが、おかしいと思って家に行っても、しばらく家にいません、って妹さんが言うだけで、いつまでたっても現れませんでした。そいつとは結構なか良かったと思ってたんですけど、なぜか連絡もなく、消えてしまい、何だか変な感じです。死んだとか言う訳じゃないからよけいに。ちょうどその何ヶ月か前に一緒に旅行中に事故にあっちまって、一応退院してから数ヶ月経ってましたけど、後遺症のこっちまったのかな?とか考えたり。しかもその時は女の事でかなり悩んでたみたいで、未だに気がかりな人物の1人です。誰か見つけたら教えてください」ほー、おかしな話だな。行方不明ってやつかぁ。世の中物騒だからなぁ。何かに巻き込まれてないことを祈るぜ!なぁ、アキラ!どっかで生きてるよな?ってなわけでオレのリクエスト、B'zのふるーいアルバム「in the Life」から「あいかわ、らずなぼくら」です。

BGM「あいかわらずなぼくら」

タエコ、電話をかける。


タケル
え?どうした?電話?電話のリクエストはやってねぇよ。オレに?・・・誰だよ。花村タエコ?・・・しらねぇなぁ。キャバクラの女かなぁ。ま、今忙しいっていっといて。そんな女はパスパス!

タエコの電話が切られる。

タケル
さてと、次の原稿は・・・と、・・・花村?花村、タエコ。花村、アキラ。・・・アキラの妹だ。おい!岩吉(ガンキチ)!さっきの電話まだ切ってねぇか?あ、何だよもう、使えねぇなぁ。今度かかってきたら繋いでくれ!いいな?放送中でもかまわねぇよ。いいか?まわせよ。こっちはトイレ行くとか言ってうまいこと繋ぐからよ。
・・・まさかな、でも、もう、7年もたってんだ・・・。

タケルとクマ子ちゃん退場。
タエコ、ケータイでトモに電話をかける。


タエコ
もしもし、トモさん、こんな時間にごめんなさい。旅行に一緒に行ってた人見つけた!ラジオやってる人。それで・・・・

------暗転。

Scene07へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts