No.009
[ 20 till I die ]


Scene03

[花村家を訪れる様々な人々。]


と、すぐにいらいらしたタエコが旅行鞄を持って現れる。

タエコ
トモさん、ただいま。

アキラ
あ、タエコ。これどうなって。

タエコ
!!

タエコ、アキラを殴る蹴る。

アキラ
あだ、ちょちょっと。

トモ
た、タエちゃん何やってんのよ。どうしたの?やめなさいよ。

タエコ
別にいいのよ。どんだけ何やろうと明日んなれば、忘れちゃうんだから。ケガしたって、いつか治るんだから。

トモ
そういう問題じゃないでしょ。ちょっと、タエちゃん。

タエコをアキラから引き離すトモ。

タエコ
あぁ〜ん、もぉやだぁ〜。(泣く)

トモ
どうしたの?彼氏と何かあったの??

タエコ
フラれたぁ〜あぁ〜ん。(泣く)

トモ
えっ??どうして??

タエコ
トモさんごめんなさい、せっかく2日も来てもらったのに。

トモ
そ、それはいいけど。

アキラ
に、兄ちゃんな、胸は貸すけど、殴られたくはないなぁ。

タエコ
うるさい!ボケ兄貴は黙ってて!!

アキラ
ひどい。

なまこ
落ち着いてください。

タエコ
何?この子。

なまこ
なまこですじゃ。

タエコ
なまこ?・・・ねぇ、この子おかしいの?

アキラ
こら、オレのお客さんに何てこと言うんだ。

タエコ
何でここにいるの?どっから来たの?

トモ
白い建物から来たんですって。

なまこ
そうですじゃ。

アキラ
ですじゃ。

タエコ
お兄ちゃんうっとおしいからそういうのやめて。

アキラ
なまこちゃ〜ん、タエちゃんがいじめる。

なまこ
きもいですじゃ。

アキラ
友達でしょぉ・・・。

なまこ
精霊さんが言いました。

アキラ
今言わなかったじゃん。

精霊(ナマコ)
ぷに。

なまこ
ほら。

アキラ
後付でしょ。それ。

精霊(ナマコ)
ぷにぷにー。ぷぷぷ。

タエコ
どしたの?

なまこ
水がほしいですじゃ。私じゃなくて、精霊さんが言いました。

トモ
水がいるの?

タエコ
何いってんの?

アキラ
この子はなまずの精霊とお話が出来るの。

タエコ
はぁ?

トモ
お水あげる。こっちにおいで。

なまこ
ありがとうございますじゃ。

なまことトモが台所に行く。

アキラ
あの人形が水飲むのかなぁ?

タエコ
あ、あの子、病院の子かなぁ。お兄ちゃんの友達なんでしょ。

アキラ
オレは知らないけど、そう言ってたねぇ。

タエコ
(電話をかける)あ、鮫島先生ですか?あの、なまこの子が家に来てます。え?なまず?・・・さぁ。よくわかんないですけど、私が家に帰ったら来てました。とりあえず、そうだったら保護しに来てください。はい。お願いします。

アキラ
・・・なんかよくわかんないけど、とりあえず大丈夫?

タエコ
うん。

アキラ
ん?なんか、急にお前老けてないか?

タエコ
え?あ、とー、まぁいいじゃない。大人っぽくなったのよ。

アキラ
そか?なんか一晩で5・6年くらい年とって見えるなぁ。あ、お前合宿は?

タエコ
え?あ、天気悪いから延期になっちゃった。

アキラ
あ、そか。予報で言ってたもんなぁ。

と、なまこが台所から走ってくる。玄関から逃げていく。
トモが追いかけてくる。


トモ
ちょ、ちょっと、どこ行くのよ!!

タエコ
どしたの?

トモ
急に、怒られるのはいやですじゃ、とか言って走りだしたの。

タエコ
うわ、すごいカン。

トモ
え?

タエコ
今、鮫島先生呼んだの。

アキラ
ん?話が見えないぞ?

トモ
どういう事?

タエコ
どうしてもお兄ちゃんの面倒がみれないときは、鮫島先生のトコの病院に入院させてたの。でも割と自由なトコロだからすぐに出て来ちゃうのよね。お兄ちゃんもスグ帰って来ちゃったし。

トモ
そうなんだ。

アキラ
おいおい、オレにはさっぱりわからんけど。あ、そう言えば、この人だれ?

タエコ
トモ先輩。

トモ
どうも。え?

アキラ
先輩?

タエコ
そう、会社の先輩。

トモ
ちょっとタエちゃん。

アキラ
会社って、バイトの事?

タエコ
違うの。私就職してるの。

アキラ
お前学校は??

トモ
タエちゃんいいの?

タエコ
お兄ちゃん、私いくつだと思う?

アキラ
何いってんだよ〜。来月の誕生日で18。今は17だろ。

タエコ
本当にそう見える?

アキラ
え?

タエコ
ねぇ、お兄ちゃん、本当に、そう見える?

アキラ
・・・・見えない。

トモ
無理よね。さすがに。

タエコ
でしょ。いくつに見える?

アキラ
え?えっと・・・じゃあ20代半ばすぎ。

トモ
ありゃ、行き過ぎた。

タエコ
すぎじゃないけど・・・。

アキラ
え?

タエコ
でも、そう、そうなのよ、私17じゃないのよ、私今24だもん。

アキラ
24?お前、オレより年上だったの?お姉ちゃん!?

タエコ
いやいや、それはおかしいでしょ。お兄ちゃん私の小さい時覚えてないの?

アキラ
覚えてるなぁ、どういうことだ?あ、お前、未来から来たタエコか!?

タエコ
違う。

アキラ
タイムマシンで。

タエコ
違う。

アキラ
タイムふろしきで。

タエコ
違う。

アキラ
じゃあどうして??

タエコ
あのね、お兄ちゃん。今日は2004年3月20日。お兄ちゃん知らない間に、もう7年も経ってるのよ。

アキラ
は?何言ってンだよぉ。今日は1997年の3月27日だろぉ。あ、オレがタイムマシンに乗ったのか?

トモ
タエちゃん。

タエコ
お兄ちゃん、いつになったら時間が進んでくれるの・・・?

アキラ
タエコ・・・お前、どうしたんだ?

Scene03-3へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts