No.008
[ ダカラ僕ハ此処ニ居ル ]


Scene13







【2034年11月21日】





ユーケイ
・・・・・・・。

ブルが現れる。

ブル
どうしたんですか、ユーケイさん?そんなところで横になって〜。

ユーケイ
・・・ブル、お前、今日死ぬとしたらどうする?

ブル
ええ〜そうですねぇ。いっぱい****しますねぇ。

ユーケイ
え?

ブル
****です。ダメですか?

ユーケイ
いや、どうしてそんなことを?

ブル
やっぱり、やり残したくないじゃないですか。最後くらいこれくらいしたいですよ。どっちみち人間はいつか死んでしまうんですから、もし、今日だとわかるなら、かえって、やりたいことがやれていいですよ。ほとんどの人がいつ死ぬなんてわからずに死んでいくんですから。

ユーケイ
そういうものかなぁ・・・何か、お前、急にマトモなコトいうなぁ。

ブル
そうですか?てへ♪

ユーケイ
なぁブル、今日で死ぬんだよ。

ブル
は?

ユーケイ
僕は今日で、死ぬんだ。

ブル
ユーケイさん・・・やだなぁ、そんな冗談。

博士が現れる。

博士
ユーケイ。

ユーケイ
・・・僕の今までは何だった?どうして僕を作った?何の為に僕は生きてきたんだ?

博士
お前は私の子だ。

ユーケイ
子ども・・・。

博士
そうだ、お前は人類最高の遺伝子を持つ。しかしだ、今のお前はどうだ。普通の青年だ。私は、私の子どもとして、普通に育ててきたつもりだ。

ユーケイ
父さん・・・。

博士
私は今まで、お前の致死遺伝子をどうにかできないかと、ずっと研究を重ねてきた。 ココは、そのための研究所だ。だが・・・・すまない、間に合わなかった。

ブル
・・・・え?本当なの??

パパとベベが現れる。

パパ
まだ諦めるなぁ!

博士
宇宙人くん!

ブル
変態さん♪

パパ
もう何とでも呼んでくれ!

博士
異星人くん!

ブル
マニアさん♪

ベベ
バカ♪

パパ
やめてくれ〜!

ブル
あ、わかっちゃうよ君1号だぁ。

パパ
ふふふ、これはタダのわかっちゃうよ君1号ではない。これこそ、宇宙のキセキを解明する、わかっちゃうよ君1号ゼーット!だ。

ベベ
すごい〜♪

ユーケイ
この「石」を解明する?

パパ
そうだ、「宇宙のキセキ」は進化をもたらす!君の遺伝子をこの「石」で変化させるんだ。君は進化をするんだ!!その為には、この「石」を解明するのが先決だ。

ベベ
ウチのパパ、一日で分析器を改良したのよ。

ユーケイ
ホンダラ星人・・・・。

パパ
ちがうわっ!

博士
本当に、完成させたのか?

パパ
むむ、確かに動力源への伝達装置が未完成なんだ。そこのところが、どうしても。

ブル
な〜んだ〜。

パパ
ユーケイ君、これは君が完成させてくれ。

パパ、設計図をユーケイに渡す。

ユーケイ
そんなこと、僕にはできないよ。僕にはわからない。

博士
ユーケイ、よく見るんだ。お前の理解の早さは、私たちを越えているはずだ。

ブル
僕を!?

博士
お前はもともとかなり下だ。

ブル
はふっ!

ユーケイ
!?(設計図を広げる)・・・・コレ・・・。

パパ
どうだね?

ユーケイ
わかる・・・何も、学んできたことのないことなのに・・・わかる・・・・どうして?

博士
ユーケイ、この装置はどうすればいいんだ?

ユーケイ
コレをココに接続して、ココからココを、そしてココを省いてエネルギーを増幅させ、ココに繋げるんだ。

博士
・・・・なるほど。

パパ
出来そうだな。すぐに完成させよう、コミタ博士。

博士
もちろんだ。

ベベ
私も手伝うわね♪

ブル
博士、僕も手伝いますよぉ!

ユーケイ
ブル・・・お前役にたつのか?

ブル
確かに!!

ひみこ、コマチ、現れる。

ひみこ
ユーケイちゃん、あたしたちを忘れていかんがね〜。

コマチ
私のトランプは何でもわかっちゃうんだから。

ユーケイ
母さん、コマチちゃん・・・・。

ひみこ
宇宙人には負けとれんからねぇ。

パパ
ほう、またうさんくさいチカラで何がわかるというんだ?

ユーケイ
みんなありがとう。僕はコレを解明する。最後になっても構わない。死ぬ前に、何かをやり遂げたいんだ。

ひみこ
そんな諦めとってかんよ!

コマチ
お兄ちゃん頑張って!

ユーケイ
うん。

音楽。

ユーケイ、「宇宙のキセキ」をブルに渡す。

ユーケイを中心に博士とパパの3人が分析器を作る。


ひみこ
機械にたよらんでも、私たちが何とかしたるがね。

コマチ
そうね、お母さん!

ひみこ
ユーケイちゃん、ええかね?

ユーケイ
あぁ、構わないけど。

パパ
そんな非科学的な・・・。

ひみこ
あんたはだまってりゃー。じゃ、コマチちゃん準備はええ?

コマチ
うん。(カードをスタンバイ)みんな下がって!!

2人
いろはにほへっと!

ひみこ
てやー!

カードを取った瞬間に2人が吹き飛ぶ。

ひみこ
な、なんてチカラなの・・・。

コマチ
お母さん、カードは・・・??

ひみこ
こ、コレは・・・・そんな・・・・。

カードは真っ黒。

コマチ
真っ黒・・・。

ブル
何でトランプに!

ひみこ
ごめん、これ昨日私がお醤油こぼしたんだわ。

コマチ
お母さん!その石が、醤油カードを呼び寄せたのよ!

パパ
そんな非科学的な。

ひみこ
だまんなさいっ!コマチちゃんをなめんじゃないよぉ。

博士
完成だ!

パパ
もう出来たのか?

博士
しかしコレは肝心の動力源がないぞ。

ベベ
パパ、たまの出番よ。

パパ
よし、たーまー!

Scene13-3へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts