No.008
[ ダカラ僕ハ此処ニ居ル ]


Scene06







【 1994年11月20日 】





手に本を持ち、ボーっとしているシン。

目の横にバンソウコウを貼っているそらが現れる。


そら
何やってんの?

シン
考え事。

そら
何考えてんだよ。

シン
・・・・・別に、何も。

そら
今考えてるっつったじゃねぇか!

シン
そう?

そら
あ、続き描いたか?

シン
うん・・・・少しだけね。

そら
マジかよ、見せろよ。

シン
はい。(原稿を手に取り渡す)

マンガを読むそら。

本を読み始めるシン。


そら
こんだけ?

シン
そう。

そら
なんかペース遅くねぇか?

シン
んー、ちょっと描くのがめんどくさくなってきてさ。

そら
はぁ?お前ハンパなこと言ってんじゃねぇよ。

シン
そう言われても・・・。

そら
最後まで考えてるっつったじゃねぇか。

シン
どうしたの?目。

そら
え?何?

シン
その目の横の。

そら
見んなよ。

シン
またやったの?タイマン。

そら
違うよ。オカアだよ。

シン
オヤコゲンカ?

そら
そんな感じ。だから見んなって。

シン
どしたの?いつもケガとか治ってから来るのに。

そら
いいじゃねーか。もう治りかけなんだよ。

シン
昨日やったばっかりでしょ。血がにじんでるし。

そら
うっせーな、んなことどうだっていいだろぉ。お前は早くマンガ描きゃそれでいいんだよぉ。

シン
んー・・・・なんかねぇ、やる気なくなっちゃってさぁ。

そら
どうしたんだよ、らしくねぇなぁ。

シン
何やっても先が見えてきたきがしちゃってさ、勉強しても。

そら
勉強ねぇ。

シン
・・・あのさ、社会で、昔の勉強とかするじゃん。

そら
大仏とか?

シン
あ、んーまぁそうかな、歴史とか。

そら
あぁ、大仏ね。

シン
でも人類の歴史とか見てると、すぐに戦争戦争だろ、こないだだって湾岸戦争やってるし。なんかさ、そんなの繰り返してばっかりだろ。

そら
大仏が?

シン
人が、だよ。

そら
大仏は?

シン
奈良の大仏は、天皇の権力誇示のために何万人もの人を犠牲にしてつくった物だよ。 それだっておろかだ。

そら
だよなぁ、大仏だもんな。

シン
わかってんの?

そら
もうちょっと簡単に話せよ。

シン
・・・・んじゃあさ、・・・今から100年後にどれぐらいの人が生きてると思う?

そら
別に、そん時にはそん時の人がいっぱいいるだろ。

シン
そうじゃなくてさぁ、今生きてるこの地球上の人だよ。

そら
はぁ?そんなのみんな死んでんだろ。

シン
それだよ。

そら
は?

シン
たった100年だよ。たった100年で地球上の人間はそっくり入れかわるんだよ。

そら
100年もオレ、生きらんねぇし。

シン
じゃあ80年でいいよ。

そら
95才か、微妙だなぁ。

シン
95は生きるんだ。

そら
バカは案外長生きすんだよ。

シン
そういうもんかな。

そら
で、それが何だよ。

シン
なんだかさ、むなしくなっちゃってさ。生きるってコトがさ。将来なんて、どうせあっという間に終わっちゃうんだって思うと。

そら
んーまぁそういうものかなぁ、それならそれで、たのしけりゃ良くない?

シン
そうかなぁ・・・。

そら
あ、そうだ、これやるよ。(窓の方から紙袋を持ってくる)

シン
え?何?

紙袋を渡すそら。

中には古びたテレコが入っている。


シン
ラジカセくらい持ってるよ。

そら
いいんだよ、これやるからよ。昔おとうにもらったんだよ。

シン
いいよ、大事なものじゃないの?

そら
いいからもらえよ、オカアに捨てられるよりマシだろ。

シン
え?なんかあったの?

そら
それ、中にテープ入ってるから。

シン
なんの?

そら
聞けばいいだろ、んじゃあな、ちゃんとマンガの続き描けよ。なるべく早くさ。

シン
あ・・・・・。

その場を去るそら。

テープのスイッチを入れるシン。

------暗転


Scene07へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts