No.005
[ c・lover ]


Scene08
[ 夕暮れ ]


せりな
先生って、新人なんだぁ。どうりで・・・・・。

あせる西川。話題を変える。

西川
・・・・えと・・・・こういうときは、無難に、季節の会話だ。・・・・遠山さん、秋って好きですか?

せりな
キライ。

西川
げきちーん↓・・・どうしてですか?残暑も過ぎ去り、過ごしやすいし、食べ物もおいしい季節じゃないですか。

せりな
だからこの時期って太るんだもん。

西川
食べ過ぎちゃいますか。

せりな
うん。困るのよ。

西川
やっぱりそういう気にしますか。

せりな
仕事上ね。細い方が、もてるもん。

西川
何してらっちゃるんですか。

せりな
プライバシーの侵害。

西川
いや、別に言いたくなければ、言わなくてもいいんですけど。

せりな
ホステス。

西川
あ、そうなんですか。・・・・夜のお仕事って大変そうですね。

せりな
行ったことないでしょ。

西川
え?

せりな
キャバとかクラブとか。

西川
え・・・・はい。

せりな
大変よ。

西川
そうですか。

せりな
女の修羅場よ。あれは精神力鍛えられるわよ。磨り減る子も多いけど。

西川
修羅場。

せりな
そう。好きで始めた訳じゃない子も多いけど、何だか女の意地で燃えてくるのよ。

西川
女の意地ですか。

せりな
そう。先生、彼女いるの?

西川
いえ、今は。

せりな
そうなんだ。山盛先生はどう?

西川
え?山盛先生?

せりな
若いのに、しっかりした先生でしょ。私は苦手だけど。先生にはああいうひとがいいんじゃない?

西川
そうですか?家は女ばかりで、・・・・・強い女性は苦手だなぁ。

せりな
女ばっかり?

西川
えぇ、気の強い妹と、さらに強い母がいます。

せりな
妹いるんだ。

西川
えぇ。5つ年が離れてるんで、少しだけ世代の差を感じてしまいますが。仲はいい方だと思うんですよ。

せりな
へぇ。

西川
今、短大の2年生なんですよ。あ、これ、ホラ、これが妹です。こっちが母です。小さなスナックのママをしているんですよ。

せりな
お父さんは?

西川
あ、妹が生まれてすぐに離婚したんです。

せりな
それで女ばっかりなんだ。

西川
はい。でも特別大変なコトなんてないんですよ。3人仲良くやってます。

せりな
幸せなんだ。

西川
えぇ。

せりな
いいなー。

西川
あ。

せりな
いいな。(お腹に)幸せなんだって。

西川
・・・・彼、どんな人なんですか。

せりな
んとねー。ダメ。教えない。

西川
教えてくれないんですか。

せりな
ヒミツにしなきゃダメなの。

西川
はァ。

せりな
これからの人なの。だから私達のコトは誰にも言っちゃダメなのよ。

西川
そうなんですか。

せりな
うん。彼ね、スゴイのよ。私にはできなかったけど。夢を叶えちゃうの。

西川
夢を?スゴイですね。

せりな
うん。それでね・・・・ダメ。言っちゃダメなんだってば。

西川
あ、スイマセン。じゃあ聞きません。

せりな
聞いてくれないの?

西川
だって遠山さんが。

せりな
彼ね、ミュージシャンなの。

西川
音楽をやってるんですか?ピアノとか、ヴァイオリンとか?

せりな
そんなんじゃなくて、バンドの、ヴォーカルなの。

西川
あァ、そっちの音楽。

せりな
今度ね、メジャーデビューするの。

西川
へぇ、それはスゴイですね。

せりな
まぁねぇ。

西川
・・・・私の友人も、バンドをやっていて、デビューするはずだったんですけど、・・・・でも運が悪くて。

せりな
彼は運がいいのよ。だって、私がいるんだもん。

西川
そうですよね。

せりな
あのね、名前覚えてあげてよ。私先生の名前も覚えてあげるから。

西川
えぇ、いいですよ。私は西川です。西川龍之介です。

せりな
彼はね、タケルっていうの。バンドの名前はアニマルプラネッツっていうのよ。ファンの人はみんな動物のカッコしてライヴに来るのよ。おもしろいでしょ。今度からはね、テレビで見られるようになるのよ、きっと。

西川
-------今、何て?

せりな
テレビに出るのよ、彼。

西川
いや、そうじゃなくて、彼の名前。

せりな
え?タケル、アニマルプラネッツ、アニプラのタケル。
でも内緒にしてね。週刊誌なんかに私のコト言わないでね。彼に迷惑かかっちゃうから。私には叶えられたなかった夢を、彼は叶えられるのよ。

西川
-------はい。

せりな
どうしたの?ねぇ、ちゃんと、覚えた?

西川
えぇ、・・・・・覚えましたよ。

せりな
そう?応援してね。

西川
-------。

と、そこへ、オサムが現れる。

オサム
こんこんこんっ!こーんにーちわぁー。

西川
あ、ご面会ですか。

オサム
んー、ちょっと見せたいモノ?があってねぇ。あなたにお礼がしたいのよぉ。今忙しい?

西川
遠山さん、どうされますか?

せりな
見たい。

西川
そうですか、じゃあ、また後で来ます。それじゃ。

出ていく西川。

西川(声)
うわっ!

せりな
なぁに?

オサム
なに大声出してんのかしら、失礼しちゃうわねぇ。

せりな
ん?

オサム
準備はイイ?まーくん!カスミちゃん!

カスミ&マコト(声)
はぁ〜い!

せりな
なに?

オサム
見るがいいわ!オカマ3兄弟の夢の競演を!!

BGM!

オカマのダンス。

カスミ登場☆決めポーズ→3人で「オカま」の人文字。


オサム
どぅお?

せりな
す・・・・すごい。かも。

マコト
かも?

せりな
すごい、けど、もう一回オ・カ・マってやってみて。

オサム
なぁに?いいわよ。オ!

カスミ
カ!

マコト
ま!

せりな
ちょっとまった!ま、ってそれひらがな!

マコト
ばれた!

オサム
えぇっ?そうなの?何やってんのよ、まーくん!

マコト
だってぇ、ぼくカタカナ知らないんだもん。

せりな
ばーか。

オサム
それじゃ仕方ないわね。許してあげて。それより見て!このちょっと萎縮し気味のシャイなカスミちゃんを!はい、回って回って!

カスミ
やだよ、見えちゃうよ。

オサム
せりなさぁん、どうですか?

マコト
えへ。

オサム
(べしっ)!!

マコト
あふんっ。

オサム
まー君じゃないからね。

せりな
やっぱりかわいいじゃない。

カスミ
そうですか?

オサム
この子、あなたに一番最初に見せたいって。

カスミ
ごめんなさい、急に。

せりな
いいえー。ありがとね。

マコト
えへ。

オサム
(べしっ)!!

マコト
あふんっ。

オサム
まー君じゃないからね。

マコト
まー君もかわいいのにぃ。

-----暗転。

Scene09へ


※無断転載、無断複写を固く禁じます。上演許可申請の際はお問い合せよりメールを下さい。

上へ戻る
目次へ戻る
台本一覧へ戻る
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts