劇団fuzzy m. Arts|名古屋で演劇活動をしている劇団>ファジィ日記

コメントを書く
2017/03/11(Sat)
3.11 私は東京にいた。
あの日私は普通に仕事をしていた。

あの時間ゆっくりゆっくり揺れた。
ゆっくり過ぎて地震だと思わなかったくらい初めはゆっくりで。
2度目の大きな揺れがきた。

皆で建物の外へ避難した。
近くの高層ビルが揺れていた。
お台場の方で黒煙が上がっていた。

夜は4月公演の稽古の予定だった。

電車が止まったとのことで、仲間に連絡をとった。稽古集まれないね、って。

しばらく会社で情報を見ていて、電車は今日もう動かないだろうという。JRの決断は早かった。

同じ方向の上司が、歩いて帰るというので私も便乗することにした。
上司が手渡してくれたビニ傘を杖に、会社を出た。

その頃には携帯はほぼ繋がらなくなっていた。

帰り道は歩いている人でいっぱい。
会社支給のヘルメットをかぶっている人もいた。

山手線に沿って北上。
途中コンビニによってみたけれど、お菓子類以外の食料はなかった。
トイレを開放してくれていたのがありがたい。

道から水が噴き出している箇所もあった。

時々休憩しながら、6時間歩いて帰宅した。

自宅はガスが緊急停止していた。
色々物が落ちていた。
でも大惨事ではない。電気もつく。寝る場所もある。
本当の惨事はTVの中にあった。
苦しくなる光景がTVから流れてくる。

土日を挟んで月曜になっても電車は通常に動いていない。
計画停電が実行され、街の明かりは激減した。
明かりの灯らない自動販売機、動かないエスカレーター、商品の並ばない陳列棚、デマも流れた。

公演メンバーで話し合い、公演を延期にした。こういう時、真っ先に削られるのは娯楽なんだと痛感した。私たちの出した結論には反論も出たけれど、キャストの精神状態が持たなかった。
何より、こんな状況の中、お客様に来ていただくのは危険だと判断した。
いつかやれる時がきたらやれば良いと。

あの時できなかった日と同じ日に公演をします。無事に幕があいて何事もなく終えられますように。

思い出してばかりは辛いけど、今日ばかりはあの日を振り返って悼みたいと思います。

稽古中、皆で黙祷いたしました。


[From ムッチ]

コメントを書く
▲ページトップヘ
一覧ヘ
TOPへ戻る

fuzzy m. Arts